page
top

大学生インターンシップ

コンソ大阪のインターンシップとは

大学コンソーシアム大阪のインターンシップは、学生の皆さんが体験を通して学びを深め、成長するための仕組みとして機能しています。そのコンセプトは「実社会をしっかりと体験すること」

就職活動をはじめる前の1-2年生にもおすすめです。

”もっと詳しく知りたい人はコチラ!”

学生説明会 ダイジェスト動画

3つの特長

  1. Point1
    バラエティに富んだ受入先やプログラムで実社会がしっかり体験できる!

    コンソ大阪のインターンシップは、在阪の企業や官公庁、経済団体との連携のもとに実施しています。だから受入先や協力先は地元に根差した特色ある企業や公的機関が充実。平均5~10日間のプログラムで実社会をしっかり体験できます!

  2. Point2
    様々な学生との交流や情報交換ができる!

    様々な会員大学から実習生が集うので、事前研修や事後研修では学部・学年・専門領域などを超えたメンバーとの交流や情報交換ができます!
    (2021年度はオンラインにより実施予定)

  3. Point3
    大学コンソーシアム大阪による万全のサポート!

    充実の事前研修で会員大学の教職員コーディネーターがみなさんをしっかりサポート。安心感と自信を持って実習に臨めます!実習終了後は事後研修で体験を共有し、振り返りを行います。

どんなプログラムがあるの? -コンソ大阪の主な2つのプログラム-

1.就業体験型インターンシップ

夏休みを中心として、1〜2週間(実働5〜10日間)程度の就業体験実習を行うプログラムです。実習先での就業内容は、企業や官公庁、各種団体等における管理、総務、営業、企画、製造などさまざまです。
(協力:大阪府商工労働部)
※2021年度は受入企業・団体により、実施体験を伴う実習のほか、オンラインによる実習を行う場合があります。

■業種別 受入企業・団体(2019年度実績、件数)

2.プロジェクト型インターンシップ

学生自らが、企業や地域の課題解決のプロジェクトに取り組む実践型のインターンシップです。
参加学生がプロジェクトの目標達成に向けてPDCAサイクル※の実践を行い、社会で活躍できる能力を身につけます。
※ P=Plan, D=Do, C=Check, A=Action

先輩たちの体験談

大阪経済大学 澤本 ひよりさん

大阪経済大学 澤本 ひよりさん
実習先:大阪信用金庫
.インターンシップ、行ってみてどうだった?
.実際の店舗で業務を体験することで、職場の空気感を肌で感じることができました。また、実習中辛いこともありましたが、将来自分がしたいことが見つかり、辛いこと以上に大きなものを得ることができました。
.毎日、遅刻せずに行くために・・・先輩はどうしてた?
.普段より30分早く起きるように心がけました。また、15分前行動を意識することで、遅刻することなく実習の準備も万全にできるため、落ち着いて行動することができました。
.1日のスケジュールってどんなん? 先輩の印象に残ったあの日
.「営業店実習の日」
・8:30
出勤。営業店のみなさんと一緒に朝の体操を行いました♪
・午前
窓口係の方と一緒にお客様の対応。接客の極意を教えていただきました!
・お昼
休憩室で支店長さんや職員の方と、団らんしながら一緒にランチ。身になる話が沢山聞けました!
・午後
融資係の方に融資の仕方やポイントなどを教えていただきました!とても貴重な体験で、信用金庫に関する理解も深まりました!
.インターンシップを考えている人へのメッセージ
.必ず成長できるインターンシップだと思います!もし迷っているのであれば、参加することをおすすめします!

相愛大学 羽田 梨乃さん

相愛大学 羽田 梨乃さん
実習先:株式会社アスク
.インターンシップ、行ってみてどうだった?
.コンソ大阪のインターンは事前研修も事後研修もあるので、実習に行く前からしっかり学ぶことができるし、終わってからも自分がどんなことを学ぶことができたかを確かめることができました。実習生同士、仲も深まりました。
.毎日、遅刻せずに行くために・・・先輩はどうしてた?
.前日は早く寝ることを心がけ、電車は予定よりも一本早いものに乗るようにしていました。
実習初日は道に迷わないよう、しっかり調べて行きました。
.1日のスケジュールってどんなん? 先輩の印象に残ったあの日
.「実習生だけで新企画を考えた日」
朝から夕方まで企画について話し合い、それをまとめる作業をしました。
・10:00
出勤。本日の作業について説明を受けました。
・午前
他の実習生とのグループワークで、ああでもない、こうでもない、とたくさん意見を出しました。大学ではなかなかできない経験でした。
・お昼
仲良くなった実習生と私を含め3人で、近くのカレー屋さんに行きました。
・午後
後半はインターン担当の社員の方も参加して、企画について話し合いました。認めてもらうことができた企画があり、とても嬉しかったです。
.インターンシップを考えている人へのメッセージ
.自分の目で確かめることはとても大事だと思います。自分がどんな仕事につきたいのかまだ分からない人も、とりあえず参加してみるのもいいと思います。経験は力になりました。

先輩たちの声(2019年度アンケートより抜粋)

■実習内容の満足度

成長した!経験値が増えた!

  • ・初めての集団面接、初めてのインターン実習、初めてのたくさんの経験ができた。
  • ・普段できないような責任感ある仕事に挑戦できて、自信に繋がった。
  • ・コミュニケーションに苦手意識がなくなった。
  • ・自分の学んでいることが役に立つ感動を感じた。
  • ・経験値が0だったものが10には増えた。
  • ・今後の就職活動以前に大学での発表などに役立つ多くの知識を学んだ。
  • ・実際に働く側を経験しないとわからないことが多くあるのだと気づいた
  • ・マナーやディスカッションの経験はこれから必ず役立つと思う。

本格的な就活の前にインターンシップに行ってよかった!

  • ・社会に出る不安が大きく軽減された。
  • ・就職活動に役立つ様々なアドバイスや指導をもらえて本当によかった。
  • ・職員の方から貴重な話をたくさん聞かせていただいた。
  • ・イメージとのズレが解消できた。
  • ・自分の想像していた企業とは少し異なったが、ミスマッチを防ぐためにこの経験は大事だなと感じた。
  • ・働く上で自分が大事にしていきたいことや価値観を見出すことができた。

就活や社会に対する意識が変わった!

  • ・仕事に対する意識が変わり、真剣に就職活動をしようと思うようになった。
  • ・働く上で自分が大事にしていきたいことや価値観を見出すことができた。
  • ・実習を通じて改めてその業界に就職したいと思った。
  • ・営業というものの見方が変わった。
  • ・仕事に対するイメージを変えることができた。