page
top

大学生インターンシップ

インターンシップ(概要)

「インターンシップでの経験と成長を糧に、大きな未来を育てよう。」

大学コンソーシアム大阪のインターンシップは、在阪の企業や官公庁および諸団体との連携のもと、実施しています。
平成29年は、22大学から186名の学生が実習を終え、大きな成果を得ました。「参加学生の就業意識と企業に対する関心を高め、地元に定着すること。」これがコンソ大阪のインターンシップが目指す目的の一つです。
さあ、あなたもインターンシップの経験を通して、視野を広げ、自分の成長に繋げましょう。

3つの特長

  1. Point1
    開かれた受入体制
    大学コンソーシアム大阪会員大学の学生・大学院生(留学生※含む)であれば、誰でも出願できます。また受入先は、企業や官公庁、各種団体など選択肢がさまざまです。
    参加費は無料です。(ただし、研修や実習にかかる交通費および食事代等は原則自己負担)

    ※研修の受講や企業・団体での実習に支障がない程度の日本語能力を有することが条件

  2. Point2
    大阪府下43大学の学生が集まる学びの場
    大学コンソーシアム大阪の会員大学43大学から実習生が集います。
    大学・学部・学年・専門領域などを超えた仲間とのインターンシップ体験はきっと大きな刺激となるでしょう。
  3. Point3
    万全のサポート
    自信を持って実習に臨むために、またインターンシップの成果をしっかりと自分のものにするために、会員大学の教職員コーディネーターがみなさんをしっかりサポートします。
インターンシップのプログラムの順序!1.出願、2.面接選考、3.事前研修、4.実習(インターンシップ)、5.事後研修、すべて完了して目標達成!

プログラム

就業体験型インターンシップ

夏休みを中心として、2週間(実働10日間)程度の就業体験実習を行うプログラムです。実習先での就業内容は、企業や官公庁、各種団体等における管理、総務、営業、企画、製造などさまざまです。

こんな人におすすめです!● 働くことはどんなことなのか知りたい!● 自分の大学での学びを社会で試したい!● 興味のある仕事にチャレンジしたい!● 変わる自分を実感したい!● 多くの学生と知り合いたい!
■業種別 受入団体・企業(平成29年度実績、件数)

プロジェクト型インターンシップ

学生自らが、企業の課題解決のプロジェクトに取り組む実践型のインターンシップです。
参加学生がプロジェクトの目標達成に向けてPDCAサイクル※の実践を行い、社会で活躍できる能力を身につけます。
※ P=Plan, D=Do, C=Check, A=Action

先輩たちのインターンシップ体験

平成29年実施のインターンシップ・プログラムに参加した先輩たちの声を聞いてみましょう!

■実習内容の満足度
  • 実習先:一宮運送株式会社
    アルバイトとはまた違う良い経験ができた。今までに全く知らなかった業種ではあったが、インターンシップを通していろいろなことを知り、経験することができた。

    関西福祉科学大学 学生

  • 実習先:株式会社ハートフレンド
    事前研修でしっかりと目標を立ててから実習を行ったので、自分が何を学ぶのかということをしっかりと意識しながら学べた。

    大阪樟蔭女子大学 学生

  • 実習先:大阪市立男女共同参画センター
    やりたい事を見つけることができたので、すごく良い機会だと思います。受入先とのご縁がこれ以上ないと考えると辛いので、スタッフボランティアに応募しました。

    近畿大学 学生

  • 実習先:大阪信用金庫
    受入先の方もとても好意的に接してくださり、その業種のことを知れる本当に良い機会であると感じました。実際に実習に行ってみないと分からない部分はあると思うので、今回のインターンシップに行って良かったです。

    大阪府立大学 学生

  • 実習先:金井重要工業株式会社
    自分のやりたいこと、できることやできないこと、これからの課題…、色々なことを2週間で知ることができました。はじめは「2週間って長いな」と思っていましたが、終わりに近づくにつれて「もっと居たい、学びたい、2週間じゃ足りない」と思うようになりました。

    大阪経済大学 学生

  • 実習先:株式会社アクアプランネット
    実習先の企業で多くの事、特に「自分を知る」ということを学びました。今まで知っているつもりだった事を、本当の意味で知る事ができたと思います。

    大阪教育大学 学生

  • 実習先:株式会社エス・ケイエンジニアリング
    業界研究として、とても濃い内容のインターンシップに参加することができました。現場の作業に参加することができたことが、いちばん良かったです。

    大阪産業大学 学生

  • 実習先:株式会社クーバル
    働くということをフワフワと考えていましたが、実際に働いている人たちを見て、改めて「働く」ことについて考え、しっかりしたものにすることができたと思います。

    帝塚山学院大学 学生

  • 実習先:株式会社クラックスシステム
    イメージが浮かびにくかった業界での実習だったので、最初は不安もありましたが、実習が進むにつれて、その課題に対しての喜びや、他の実習生との交流もあり、充実した実習期間を過ごせました。

    大阪観光大学 学生

  • 実習先:株式会社はっけん
    コミュニケーションが高められたインターンシップになったと思います。人と話すこと、話しかけにくかったことなど、辛いときもありましたが、最後は親しく声をかけてもらい頑張れました。

    大阪樟蔭女子大学 学生

  • 実習先:株式会社日阪製作所
    B to C企業だけでなく、B to B企業にも目を向けることができるようになったので、就活の視野が広がったと思います。

    大阪産業大学 学生

  • 実習先:豊中市立文化芸術センター
    大学の座学だけでは学べない事が、実際に自分の目で見て体験することでより深く学べた。

    相愛大学 学生

  • 実習先:箕面市
    今回、実際に社会に出て働くという機会を持て、自分が希望している職種の方と話すことができ、プラスになったと思っている。このような機会は、自分からインターンシップに行こうと思わないとできなかったことなので、行って良かったと思う。

    大阪産業大学 学生

  • 実習先:社会福祉法人豊年福祉会
    自分の想像とは違うところなどを見つけることができ、大学卒業までに身に付けたいスキルが前より明確になりました。

    大阪樟蔭女子大学 学生

  • 実習先:摂津市
    インターンシップでしか経験できないことも多くあり、知識が増えたとともに、多くの人との出会いがあって参加して良かったです。

    四天王寺大学 学生