page
top

大学教職員高大連携フォーラム

高大連携フォーラム(概要)

概要

大学コンソーシアム大阪では、大阪府内の高校・大学がそれぞれ個別に実践している教育について内容を把握し、その改革や効果的な連携方法について模索する場として2005年より開催しています。

2021年度 高大連携フォーラム

テーマ 高大で考える「情報」入試~デジタル社会が求めるIT人材の育成
開催趣旨 新学習指導要領が来年4月の新高1生から全面実施され、彼らが受験する2025年度の大学入学共通テストでは、新教科「情報」を1つの時間帯として独立し実施されることが発表されました。高大において、文理を問わず、誰もが情報活用スキルを適切に身につけ、情報技術で社会を支える人材の輩出が求められています。本フォーラムでは、これからのデジタル社会を生き抜くための人材育成を見据えた「情報」入試について考えます。
日時 2021年10月22日(金) 18:00~20:00
会場 オンライン(ZOOM)にて
PC、タブレット、スマートフォンなどをご準備のうえ、招待メールに記載のURLよりご視聴ください。
プログラム
18:00~
主催者挨拶
18:05~
講演 鹿野 利春氏
18:55~
事例発表 田中 宏樹氏
19:25~
パネルディスカッション
19:55~
閉会挨拶

<司会・ファシリテーター>
 兼宗 進氏(大阪電気通信大学 工学部長 / メディアコミュニケーションセンター長)

申込方法 申込フォームより必要事項を記入してお申し込みください。
申込フォーム: https://forms.gle/aqriBWzXViGktZJ56
※登録されたメールアドレスに当日の参加URLを記載した招待メールをお送りしますので、メールアドレスにお間違いの無いようご注意ください。
申込期限

2021年10月18日(月)

問合せ先 特定非営利活動法人 大学コンソーシアム大阪 事務局
TEL:06-6344-9560 (平日9:30-17:30)
E-mail: koudai★consortium-osaka.gr.jp
★を@に変更願います
講  演

「情報」入試で問われる「情報Ⅰ」の概要

鹿野 利春氏

●プロフィール

石川県の公立高校教員、石川県教育委員会事務局教員指導力向上室主任指導主事を経て、文部科学省初等中等教育局情報教育・外国語教育課情報教育振興室教科調査官(3月まで)。
現在は、京都精華大学メディア表現学部教授兼大阪芸術大学アートサイエンス学科客員教授。文部科学省視学委員。

鹿野 利春氏
<講演概要>

2024年度に行われる大学入試センターの大学入学共通テストには「情報Ⅰ」の出題が検討されている。国立大学協会では、「情報Ⅰ」を入れた6教科8科目案の検討も進めている。各大学では、遅くとも2022年度にはそれぞれの大学の方針を正式に決める必要があるだろう。

今回は「情報Ⅰ」の出題範囲である新学習指導要領の情報科の科目「情報Ⅰ」の概要について知っていただき、大学のアドミッションポリシーとしてこれをどう取り入れていくのか、カリキュラムポリシーにどう反映させるのか、ディプロマポリシーにどう盛り込んでいくのかを考える手がかりとしていただきたい。また、「情報」を大学入試で扱う際は、大学経営上の視点から考えることも大切であるとの認識も持っていただければ幸いである。

事例発表

「情報Ⅰ」の実施に向けた大阪府教育庁の取組みについて

田中 宏樹氏

●プロフィール

平成24年度より 大阪府立枚方高等学校 情報科教諭
平成29年度より 大阪府教育庁高等学校課 指導主事
平成30年度より 大阪府教育センター 指導主事

田中 宏樹氏
<発表概要>

来年度から学年進行で実施される高等学校学習指導要領において、共通教科「情報」の必履修科目として「情報Ⅰ」が新設される。現状、多くの学校が「社会と情報」のみを開講していることから、これまでプログラミングや情報デザイン、データ活用などを指導した経験のない教員が一定数いることが想定される。そこで、大阪府教育センターでは昨年度より、情報科のすべての教員(出願の際に2次試験の専門教科を「情報」として受け、合格判定を受けた教員)を対象に研修を実施している。

加えて、今年度9月末までには、すべての府立高校に生徒1人1台端末が導入される予定であることから、情報科の教員のみならず、すべての教員がICTを効果的に活用した授業を展開できるよう、教員の指導力向上に努めているところである。こうした取組みについて紹介する。

  • 過去の実施内容
    実施年度 テーマ 基調講演 / 実践報告 等
    2020年度第2回
    (第14回)
    高大連携とICT教育
      ~コロナ禍からSociety5.0時代を見据えた新しい教育への挑戦~
    【基調講演】
    「アフターコロナ!ニューノーマル?」
    講師 中村 伊知哉 氏
    (iU 情報経営イノベーション専門職大学 学長)
    【事例発表】
    「iPadのある学校2021 〜1人1台端末時代の教育を考える〜」
     発表者 乾 武司 氏
    (近畿大学附属高等学校 教育改革推進室 室長)
    【Q&A】
    コーディネーター:加藤 映子 氏 (大阪女学院大学 学長 )

    司会進行:井上 由貴子 氏
    (大阪女学院大学 アドミッションセンター センター長 )
    2020年度第1回
    (第13回)
    混迷する大学入試改革を乗り越えて
    ~withコロナの時代に求められるものとは~
    【講演】
    混迷する大学入試改革を乗り越えて
    ~世界比較の視点と横浜市立大学の事例から~
    出光 直樹 氏(横浜市立大学 学務・教務部アドミッション課 専門職・学務准教授)

    2019年
    (令和元年)度
    中止

    新型コロナウィルス感染症が拡大している状況を受け、開催中止になりました。

    アドミッションポリシーから見る本来の入試のあるべき姿とは
    ~実りある大学入試改革に向けて~
    【基調講演】
    大学入試のあるべき姿とは -首都大学東京を例に-
    川上 浩良 氏
    (公立大学法人首都大学東京 学長補佐、都市環境学部 環境応用科学科 教授、水素エネルギー社会構築推進研究センター 副センター長)
    【パネルディスカッション】
    パネリスト:
    川上 浩良 氏(上掲)
    池田 千恵子 氏(大阪成蹊大学 産官学連携センター センター長、教育研究支援部 部長、マネジメント学部 准教授)
    品川 哲彦 氏(関西大学 地域連携・高大連携センター センター長 文学部 教授)
    ファシリテーター:
    大澤 茂男 氏(大阪青山大学 副学長 健康科学部 学部長・教授)
    平成30年度
    (第12回)
    「ICTを活用した評価システムから見る高大接続改革とは」
    ~「eポートフォリオ」をそれぞれの立場でどのように活用するか~
    【基調講演】
    ~高校生の主体的学びとその見える化を促進するJAPAN e-Portfolioの活用について~
    尾木 義久 氏(関西学院大学 アドミッションオフィサー、高大接続センター次長、学長特命)
    【実践報告】
    「高大接続改革」にLMSと連携したeポートフォリオを活かす
    田邊 則彦 氏(清教学園中 ・ 高等学校 特任教諭)
    大阪府立大学におけるeポートフォリオの活用について
    高橋 哲也 氏(公立大学法人大阪府立大学 副学長(教育・入試) ・高等教育推進機構長 教授)
    【パネルディスカッション】
    パネリスト:
    尾木 義久 氏(上掲)
    田邊 則彦 氏(上掲)
    高橋 哲也 氏(上掲
    ファシリテーター:
    大澤 茂男 氏(大学コンソーシアム大阪 高大連携部会幹事会 幹事 ・大阪青山大学 副学長 ・ 健康科学部 教授)
    平成27年度
    (第11回)
    「グローバル化と高校・大学教育」~その課題と実践~ 【基調講演】
    グローバル化と高校・大学教育
    水谷 雅彦 氏(京都大学 大学院 教授)
    【実践報告】
    「近大附属高校におけるグローバル教育」
    田中 聖二 氏(近畿大学附属高等学校 教頭・高大一貫教育部長)
    「プロジェクトベースの学び」
    久保田 真弓 氏(関西大学 総合情報学部 教授)
    【パネルディスカッション】
    パネリスト:
    寺戸 真 氏(大阪府立岸和田高等学校 指導教諭)
    落谷 正教 氏(大阪女学院大学 進路指導主幹)
    コーディネーター:
    金澤 成保 氏(大学コンソーシアム大阪高大連携部会長、大阪産業大学長)
    平成26年度
    (第10回)
    今後の高大の教育接続の在り方と大学入試 【基調講演】
    大学入学者選抜の反転(ネガ)パラダイム
    荒井 克弘 氏(大学入試センター 副所長)
    【テーマ発表】
    「高大の教育接続と入試 -数学的リテラシーの視点から-」
    高橋 哲也 氏(大阪府立大学学長補佐 高等教育推進機構副機構長・教授)
    【パネルディスカッション】
    パネリスト:
    平野 裕一 氏(大阪府立槻の木高等学校長)
    森 知史 氏(大阪市立咲くやこの花中学校高等学校長)
    平成25年度
    (第9回)
    キャリア教育の真相と深層 【基調講演】
    キャリア教育を斬る
    児美川 孝一郎 氏(法政大学 キャリアデザイン学部 教授)
    【パネルディスカッション】
    パネリスト:
    川﨑 友嗣 氏(関西大学 社会学部 教授)
    吉村 烈 氏(大阪府立山田高等学校長)
    雑賀 文彦 氏(大阪府立藤井寺工科高等学校 教諭)
    コーディネーター:
    落谷 正教 氏(大阪女学院大学 進路指導主幹)
    平成24年度
    (第8回)
    高校から大学に望むもの・大学から高校に求めるもの 【基調講演】
    未来に求められる力と数学教育
    銀島 文 氏(国立教育政策研究所教育課程研究センター 総括研究官)
    【実践報告】
    「高大7年間で実学を究める -「ほんまもんのビジネス」を学ぶとはー」
    井上 省三 氏(大阪市立大阪ビジネスフロンティア高等学校長)
    「大学で求められる日本語力とは」
    馬場 眞知子 氏(東京農工大学 国際センター 教授)
    「学ぶ力としての日本語を教えること」
    たなか よしこ 氏(日本工業大学 工学部 准教授)
    コーディネーター:
    大久保 敦 氏(大阪市立大学 教授)
    平成23年度
    (第7回)
    高校から大学への接続 【基調講演】
    初年次教育を高大接続の視点から見る
    山田 礼子 氏(同志社大学 教授)
    【パネルディスカッション】
    パネリスト:
    高橋 哲也 氏(大阪府立大学 副学長)
    山田 礼子 氏(同志社大学 教授)
    牧野 浩二 氏(大阪府立日根野高等学校長)

    ※所属先、職名等は当時のもの