page
top

大学教職員高大連携フォーラム

高大連携フォーラム(概要)

概要

大学コンソーシアム大阪では、大阪府内の高校・大学がそれぞれ個別に実践している教育について内容を把握し、その改革や効果的な連携方法について模索する場として平成17年より開催しています。

2020年度 第2回 高大連携フォーラム

テーマ 高大連携とICT教育  ~コロナ禍からSociety5.0時代を見据えた新しい教育への挑戦~
開催趣旨 コロナ禍は私たちの生活そのものに大きな変化をもたらし、教育分野においてもこれまであまり進んでいなかったICT等の新技術が積極的に活用され、「学びを継続するための手段」からWithコロナ時代の新しい教育の形へと移行しようとしています。
Society5.0時代において、このコロナ禍で得たノウハウを教育現場でどのように活用していくか、大学や高校の現場での先行事例などを共有しながら、今後の教育の在り方について共に考える機会とします。
日時 2021年3月5日(金)18:00~20:00
会場 オンライン(ZOOM)にて
PC、タブレット、スマートフォンなどをご準備のうえ、招待メールに記載のURLよりご視聴ください。
スケジュール(予定) 基調講演(60分)
「アフターコロナ!ニューノーマル?」
講師 中村 伊知哉 氏
(iU 情報経営イノベーション専門職大学 学長)

事例発表(30分)
「iPadのある学校2021 〜1人1台端末時代の教育を考える〜」
発表者 乾 武司 氏
(近畿大学附属高等学校 教育改革推進室 室長)

Q&A
コーディネーター:加藤 映子 氏 (大阪女学院大学 学長 )

司会進行:井上 由貴子 氏
(大阪女学院大学 アドミッションセンター センター長 )
定員 80名(先着順、事前予約制)
参加費 無料
申込方法 申込フォームより必要事項を記入してお申し込みください。
申込フォーム: https://forms.gle/Du6q25PrE8g4TdFRA
※登録されたメールアドレスに当日の参加URLを記載した招待メールをお送りしますので、メールアドレスにお間違いの無いようご注意ください。
申込期限

2021年3月1日(月)

問合せ先 特定非営利活動法人 大学コンソーシアム大阪 事務局
TEL:06-6344-9560 (平日9:30-17:30)
E-mail: koudai★consortium-osaka.gr.jp
※★を@に変えてください。
基調講演
アフターコロナ!ニューノーマル?
中村 伊知哉 氏
(iU 情報経営イノベーション専門職大学 学長)
中村 伊知哉 氏

< 講演者紹介 >

1961年生まれ。京都大学経済学部卒。慶應義塾大学で博士号取得(政策·メディア)。
1984年、ロックバンド「少年ナイフ」のディレクターを経て郵政省入省。1998年 MITメディアラボ客員教授。2002年 スタンフォード日本センター研究所長。2006年 慶應義塾大学教授。2020年4月よりiU(情報経営イノベーション専門職大学)学長。
内閣府知的財産戦略本部、文化審議会著作権分科会小委などの委員を務める。
CiP協議会理事長、吉本興業ホールディングス社外取締役、日本eスポーツ連合特別顧問、理化学研究所AIPセンターコーディネーター、東京大学客員研究員、慶應義塾大学特別招聘教授などを兼務。

事例発表
iPadのある学校2021 〜1人1台端末時代の教育を考える〜
乾 武司 氏
(近畿大学附属高等学校 教育改革推進室 室長)
乾 武司 氏

< 概要 >

新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が発令され、前代未聞の長期間学校閉鎖に追い込まれた2020年。教育現場でのICT利活用の差が、学校が提供できる教育の質の差として顕著に現れた一年でした。これにより、GIGAスクール構想は一気に推し進められ、小中学校での1人1台端末導入が当たり前になった一年でもありました。でも、その導入された個人端末は、どのように利活用されるのでしょうか?
近畿大学附属高等学校では、2013年から1人1台のiPadを教育現場に導入し、利活用できる場面をいろいろ試行錯誤しながら模索してきました。その中で見えてきた教育現場でのICT利活用の意味をお話しできればと思っています。

  • 過去の実施内容
    実施年度 テーマ 基調講演 / 実践報告 等
    2020年度第1回
    (第13回)
    混迷する大学入試改革を乗り越えて
    ~withコロナの時代に求められるものとは~
    【講演】
    混迷する大学入試改革を乗り越えて
    ~世界比較の視点と横浜市立大学の事例から~
    出光 直樹 氏(横浜市立大学 学務・教務部アドミッション課 専門職・学務准教授)
    【Q&A】

    2019年
    (令和元年)度
    中止

    新型コロナウィルス感染症が拡大している状況を受け、開催中止になりました。

    アドミッションポリシーから見る本来の入試のあるべき姿とは
    ~実りある大学入試改革に向けて~
    【基調講演】
    大学入試のあるべき姿とは -首都大学東京を例に-
    川上 浩良 氏
    (公立大学法人首都大学東京 学長補佐、都市環境学部 環境応用科学科 教授、水素エネルギー社会構築推進研究センター 副センター長)
    【パネルディスカッション】
    パネリスト:
    川上 浩良 氏(上掲)
    池田 千恵子 氏(大阪成蹊大学 産官学連携センター センター長、教育研究支援部 部長、マネジメント学部 准教授)
    品川 哲彦 氏(関西大学 地域連携・高大連携センター センター長 文学部 教授)
    ファシリテーター:
    大澤 茂男 氏(大阪青山大学 副学長 健康科学部 学部長・教授)
    平成30年度
    (第12回)
    「ICTを活用した評価システムから見る高大接続改革とは」
    ~「eポートフォリオ」をそれぞれの立場でどのように活用するか~
    【基調講演】
    ~高校生の主体的学びとその見える化を促進するJAPAN e-Portfolioの活用について~
    尾木 義久 氏(関西学院大学 アドミッションオフィサー、高大接続センター次長、学長特命)
    【実践報告】
    「高大接続改革」にLMSと連携したeポートフォリオを活かす
    田邊 則彦 氏(清教学園中 ・ 高等学校 特任教諭)
    大阪府立大学におけるeポートフォリオの活用について
    高橋 哲也 氏(公立大学法人大阪府立大学 副学長(教育・入試) ・高等教育推進機構長 教授)
    【パネルディスカッション】
    パネリスト:
    尾木 義久 氏(上掲)
    田邊 則彦 氏(上掲)
    高橋 哲也 氏(上掲
    ファシリテーター:
    大澤 茂男 氏(大学コンソーシアム大阪 高大連携部会幹事会 幹事 ・大阪青山大学 副学長 ・ 健康科学部 教授)
    平成27年度
    (第11回)
    「グローバル化と高校・大学教育」~その課題と実践~ 【基調講演】
    グローバル化と高校・大学教育
    水谷 雅彦 氏(京都大学 大学院 教授)
    【実践報告】
    「近大附属高校におけるグローバル教育」
    田中 聖二 氏(近畿大学附属高等学校 教頭・高大一貫教育部長)
    「プロジェクトベースの学び」
    久保田 真弓 氏(関西大学 総合情報学部 教授)
    【パネルディスカッション】
    パネリスト:
    寺戸 真 氏(大阪府立岸和田高等学校 指導教諭)
    落谷 正教 氏(大阪女学院大学 進路指導主幹)
    コーディネーター:
    金澤 成保 氏(大学コンソーシアム大阪高大連携部会長、大阪産業大学長)
    平成26年度
    (第10回)
    今後の高大の教育接続の在り方と大学入試 【基調講演】
    大学入学者選抜の反転(ネガ)パラダイム
    荒井 克弘 氏(大学入試センター 副所長)
    【テーマ発表】
    「高大の教育接続と入試 -数学的リテラシーの視点から-」
    高橋 哲也 氏(大阪府立大学学長補佐 高等教育推進機構副機構長・教授)
    【パネルディスカッション】
    パネリスト:
    平野 裕一 氏(大阪府立槻の木高等学校長)
    森 知史 氏(大阪市立咲くやこの花中学校高等学校長)
    平成25年度
    (第9回)
    キャリア教育の真相と深層 【基調講演】
    キャリア教育を斬る
    児美川 孝一郎 氏(法政大学 キャリアデザイン学部 教授)
    【パネルディスカッション】
    パネリスト:
    川﨑 友嗣 氏(関西大学 社会学部 教授)
    吉村 烈 氏(大阪府立山田高等学校長)
    雑賀 文彦 氏(大阪府立藤井寺工科高等学校 教諭)
    コーディネーター:
    落谷 正教 氏(大阪女学院大学 進路指導主幹)
    平成24年度
    (第8回)
    高校から大学に望むもの・大学から高校に求めるもの 【基調講演】
    未来に求められる力と数学教育
    銀島 文 氏(国立教育政策研究所教育課程研究センター 総括研究官)
    【実践報告】
    「高大7年間で実学を究める -「ほんまもんのビジネス」を学ぶとはー」
    井上 省三 氏(大阪市立大阪ビジネスフロンティア高等学校長)
    「大学で求められる日本語力とは」
    馬場 眞知子 氏(東京農工大学 国際センター 教授)
    「学ぶ力としての日本語を教えること」
    たなか よしこ 氏(日本工業大学 工学部 准教授)
    コーディネーター:
    大久保 敦 氏(大阪市立大学 教授)
    平成23年度
    (第7回)
    高校から大学への接続 【基調講演】
    初年次教育を高大接続の視点から見る
    山田 礼子 氏(同志社大学 教授)
    【パネルディスカッション】
    パネリスト:
    高橋 哲也 氏(大阪府立大学 副学長)
    山田 礼子 氏(同志社大学 教授)
    牧野 浩二 氏(大阪府立日根野高等学校長)

    ※所属先、職名等は当時のもの